poupette 〜 life 〜

いろいろ大変なことになっている。

あけましておめでとうございます!
今頃になってなんたる挨拶…
もう3月になってしまってるなー。
しかもすでに後半に入ってるなー。
コロナなんていうウィルスで
世の中がこんなことになるなんて…
年末年始にはもちろん想像できなかった。
もう毎日毎日このウィルスの話が
欠かせないものになってしまっている。
いろんなイベントが開催中止になるし
今年は東京オリンピックもあるというのに
なぜに今なのだ?という感じだ。
見えない菌、見えない収束(終息)の時、
そして見えない人の声、
それらが不安を増長させているんだろうな。
頭のいい人たちが協力しあって
これあるからね、大丈夫。
そんな薬を一日も早く作っていただきたい。
どうか急いで!


そんな人任せな部分がいけない癖の私ですが、
ちょうど一週間前、
今年(昨年分)の確定申告も無事に提出。めでたい!
今年は…またこの話題になっちゃうけど
コロナの影響で提出期限が延びたとのこと。
というか、コロナの影響と提出期限の関係性って?
書類は電子でも郵便でも送れるはずなんだけど。
まー、いいか。
性格上、ダラダラとしてしまいそうなので
とりあえず当初の期限内に提出することを目標に…
ギリギリの13日の金曜日を目標に…
しかしまぁ、今年は何だかモタモタしてしまった。
とにかく毎日仕事で忙しくしていて、
平日の仕事を終えた後は電車の中で爆睡、
帰って夕飯作ってホッとした後にまたウトウト…
週末のお店番の作業の合間にPCに向かってカタカタ。
くらいじゃ全然追いつかず、
平日仕事の昼休みに少しずつやって週末にまとめる。
最後は自宅でなんとか仕上げることができたのだけど。
というか、後になって気になること、
今頃気になっても仕方ないことなども出てきてるけど(笑)。
ま、仕方ない。次の申告は完璧に提出するべく
今年は早いうちから、きちんと、まめに、丁寧に。
ということを昨年も、いや、なんなら一昨年だって
同じことを言っていたと思う。自信あるな。
とりあえず今年も頑張ってこー。
お客さま減っているけどな〜。
コロナよ〜、むむむ〜。


そして、帳簿をつけるのと同じように(?)
もう少し力を入れたいと思っているのが
この店主日記lifeなのである。
今日の日記が今年初ってどうなのよ。
3ヶ月に1回、ということは1年で4回。
なんてことを思ってたら、ふとあることを思い出した。
恋人と会うのは1ヶ月1回。という話を聞いた時に
ということは1年に12回か…と思った時のことを。
すぐに年単位で計算してしまうのは癖なのか。

そんなわけで、今年はせめて1ヶ月に2回は記したい。
2回ってとこがかなり弱めの攻めだけど(笑)
これでも実行できるかどうか自信薄…の現況だ。

(なにしろ前回の日記は昨年の7月)
いやいや、頑張ろう。

 

そんなわけで今年に入ってからの出来事いくつか。

 

↓ 今年も実家に帰らず一人で年越し。

 お節料理、とても好きだけど長らく食べてないなー。
 鶏ハムとダシ巻きを作って、黒豆買って、

 お味噌汁にお餅…の年始の朝ごはん。
 (ダシ巻き、レンジで作れるってのを試してみた

  →結果、自分で焼いた方が美味しいことを確認)

 

 

↓ 今年も商売繁盛えべっさん。久しぶりに夜行った。
 これまですごい確率でおみくじの凶を引いている
 私だけど、今年はなんと!大吉! 

 自分の考えと同じことが書かれてあって
 なんだか実にしっくりきたな。
 そのまま進みなさい、と言われてるような納得感。

 

 

 

↓ 友達のささやかな誕生日会。
 毎年アイデア勝負の楽しい会。
 今年はホットプレートでハンバーグ焼いたり
 目玉焼き作ってパンに乗せたり、
 松屋のニンニクの効いたスープや
 スーパーでサラダ買ってきたのを食べながら
 ウダウダ、ダラダラと喋る楽しい夜。
   

 

 

↓ こちらも恒例の新年会&友達の誕生日会。
 とにかく2月生まれの人がやたら多い。
 主役のお部屋で主役の手作りお惣菜をいただき
 いつもの大好きな辛いお鍋を食べた楽しい時間。

 夕方から喋って日付変わっての帰宅。
 ほんとあっという間に時間が経つ。幸せなこと。
 今年はケーキではなく青い蜂さんの焼菓子を
 いろいろ買って持って行った。

 (結論、誕生日にはやはりケーキかもな)

 

 

| - | 13:03 | - | - |
たいした内容じゃない日常日記

今日から苗場でのフジロック。
「来年こそは行くぞー!」
毎年思う。結局行けてない。
でも今も同じことを思っている。
体力が残っているうちに…。

 

今月は頭から何だか忙しかったのだけど
予定されていた仕事や雑多なことを
ひとつずつ片付けていき、
ようやくあとひと山越えれば
少し落ち着くのではなかろうか…
というところまで来た。
まだまだ見えないことも多いけれど、
とにかく経験は人を強くする!
と信じているのでいろいろ頑張ろう。

 

そんな中、久しぶりに友達とランチ。
出かけたのは北区。
北区ってなかなか自分では行かないので
前日に「車で行けるよ〜」と言ってくれて
いたこともあって、
なんだかプチドライブ気分で楽しみにしていた。
しかしまぁ…長引く梅雨の真っ只中…
というわけで雨、雨、雨の中だったけれど
半日の楽しい休日を堪能してきた。
友達提案のお野菜ビュッフェは
残念ながらお休みだったのだけど、
少し離れた場所にあるお店でゆっくり。

 

↓ 久々にパスタでランチ。おしゃれだ。
(いつもおじさんが食べるようなものばかり
食べているので!)

 


この他にサラダなんかのビュッフェあり
私は大食いで食い意地が張っているので(笑)
ビュッフェってテンションあがる…♡

 

彼女はもう10年以上前に短期の作業バイトで
知り合った友達。
確か子供服なんかをたたんだり、タグをつけたり、
伝票を見てピッキングしたり…
どうやって話すようになったかは忘れてしまった
のだけど、4人くらいで仲良くなって
なんだかすごく楽しいアルバイトだった。
あまりに楽しすぎて、派遣の短期アルバイトなのに
「ちょっと喋りすぎでうるさい」とのクレームを
常勤のパートさんからいただいてしまい、
派遣会社に注意されたほど…(笑)
就業期間が終わった後も約束してランチに行ったり
したけれど、その後、連絡をとるのは2人だけになり、
最近では彼女だけになってしまった。
彼女も主婦であり母であり、仕事もしているので
頻繁に会えるわけではないのだけれど。
ただ、会えばあの頃と変わらない笑顔で
なんだかいつも元気をくれる人。
自分に正直だし、理想ばかり追ってるわけでなく
ちゃんと現実的な面を持っている…
そんな大人なところ、

他に特筆すべきお気に入りは…とにかく…

サバサバっとしているところ!
3つくらい下なのだけど、刺激を受けるところ、
憧れるところ、尊敬するところをたくさん持ってる。
どんだけ褒めるねんっ。
という感じだけど、とにかく素敵な友達なのだ。
彼女は秋頃から新たに自分で仕事を始めることに
なっていて、今は以前からのパートを続けながら
師匠のような人の手伝いもしている。
なんだかイキイキしていて話を聞いていても楽しい。
きっとうまくいくし、
何があってもちゃんと乗り越えていける人だと思う。
その後もまったりと近況を報告しあい、
最終的には気になる美容情報や
彼女のおすすめ品などの話まで…
話していたらキリがないとはこのこと。
場所移動してからも残り少ない時間を
最後まで楽しく使い切れて久しぶりにリラックスの
お休みを過ごせて嬉しかった。
私も自分のペースで頑張らなくてはー。

 

そんなわけで、過ごした時間を振り返りながら
一方で私が毎晩楽しみにしていること。
それは、周りでは微塵も話題にならず…
「せ」という一文字の音を聞くこともない…
そう!それは何かと言いますと…世界水泳!!
毎晩20時から画面を見続け、
時に選手の動きとともに
勝手に体が動いてしまうという衝動に
自分でも驚きながら
(これ、スポーツ観戦の時によくある)
シュウシュウこと松岡修造に負けないくらい
熱く(テレビ)観戦中。
しかしまぁ、結婚して父になり、
「娘が…」と口にする瀬戸大也の笑顔は
まるで赤ちゃんのようだよなー。
と、すっかり母親目線の私。

| - | 10:20 | - | - |
首と肩をやられていた日々

特に何をしていたわけではなく
 お出かけも控えていたこの2ヶ月である。
 書くこともそんなにない。
 が!なんと!
 続けて書くといたしましょう(これを奇跡という)。

 

最近の事件といえば
 再三!うるさいくらいに!実にしつこく!
 あちこちで言っているけど
 首、肩、及び背中の痛みに苦しめられたことだ。
 若い頃は肩こり知らずだった私。
 でも、きっと肩こり気付かずだったんだろうな…
 しかしこの数年は肩こり知ってる体になってしまった。
 パソコンでの入力業務が増えたということもある。
 それに追い打ちをかけるように
 スマホ時代がやってきた…
 目もやられ、頭もやられ(笑)
 肩こりにも悩むようになった昨今。
 先日、仕事から帰って夕飯を作り、食べ、
 クッションのようなもの?にもたれてスマホを
 見ていた。姿勢は斜め45度といった感じ。
 で、そそろ洗い物でもしよう!と思って
 普通に起き上がったところ首から肩にかけて
 激痛が!そして首を動かすことができなくなった。
 突然!怖い!そしてただただ痛い!!
 こんな痛みは50年近く生きてきて初めて!!!
 「何これ?」「痛いよ〜!」などなど、
 果てしなく出る独り言や泣き言。
 洗い物はできないと判断して
 とりあえずシャワーを(首まっすぐのまま)浴び
 ドライヤーを(首まっすぐのまま)かけ
 頭痛薬を飲んで眠ろうとしたのだけど
 痛くて痛くて横になれない!
 特に左側の肩から背中にかけて…と判断した私は
 それでは右側を下にしたらいいいのかな?
 いやいや、左側を下にして傷みを押さえつけた方が
 いいのかな?とあれこれ試すも
 どうしたってこうしたって痛いのだ!
 (というか、今日の日記は「!」マークだらけ!!笑)
 一番痛かったのは
 痛くなるたびに体勢をかえようと起き上がる時…
 普通はシュっと自然にできることが痛くてできない。
 起きるのなんて腹筋さえあれば…というか
 腹筋なんて意識せずいつも簡単に起きてるのに
 激痛で半泣きで怯えながら体を起こす始末…
 首ってすごく大事な部分だということは
 わかっていたつもりだけど、
 体の中心ですべてとつながっているんやなー。
 ここがダメだとどこかに支障が出てくる…
 それを身をもって実感した夜。
 結局12時近くにうつ伏せの体勢で何とか就寝。
 後、午前2時に痛みで起きる…
 明け方4時くらいまで(首まっすぐのまま)
 座ってウトウトしつつ…
 翌日は少しマシになっているような気に
 なったままお店へ向かってお店番し、
 そのまた翌日は一日ゆっくり休養をとって
 その翌日は平日仕事へと向かったのでした。

 

私はわりと健康なままこの歳まできたのだけど
 時々「え?」という調子の悪さを発揮?する。
 病院も面倒だしお金もかかるしで後回し。
 結局ギリギリまで我慢するし、
 我慢の末、行ったり行かなかったり。
 でも、今までのように気持ちは我慢できても
 もう体そのものは気持ちだけでどうすることも
 できなくなってきているのかもなー。
 そんなこともよく考える。
 悲しみではなく当たり前のこととして。
 例えば白髪とか老眼とか、
 体の疲れやその回復力の遅さとか。
 明らかにわかることが少しずつ増えてきた。
 今はまだそれを驚きや発見として見ていられる。
 周りにそんなあれこれをすでに経験している
 素敵な先輩(知り合い,友人)がたくさんいるから。
 不便はあるけど痛くも痒くもないから。
 でも、これからはそうでないことが増えてくるん
 だろうなーと思う。
 だってもう40年以上も使ってきているんだし、
 そりゃあいろんな部分が傷んで?くるだろう。
 蓄積された傷みは自分でどうすることも
 できなくなるだろうし、違う傷みを生むことも
 あるかもしれない。
 最近は自分が口にするもので
 自分の体や肌や髪が作られているんだなー。
 そんな、まるで日々健康志向!のようなことも
 時々考える(実際は日々わりと不健康!である)。
 あまり神経質になるつもりはないし、
 出来ること、出来ないこともある。
 でも私の体はやっぱり私が一番わかるのだろうし
 それをどうにかするのが私の役目なんだろうな。
 今回の首のように痛みを感じて
 思うことも違ってきたなーと思う。
 体のメンテナンス、
 これからできることを少しずつしてあげよう。
 あまり説得力のない生活をしている私だけど、
 そんなことを改めて思った7月の出来事。

 

↓ インスタで「痛い痛い」とうるさくしているのを見て
 友達がお店に持って来てくれた錠剤と貼り薬
 いつも過剰じゃない姿勢で助けてくれる素敵女子
 感謝感謝…

 

 

↓ 先日夕飯を一緒に食べた友達からの台湾土産
 仕事で行っていたというのに…
 わざわざありがとう…☆
 このお菓子、すごーーーく美味しかった!

 

| - | 10:17 | - | - |
7月の節約ひとり飯とおっくんさん

ただいま店番中。雨が降ってきたなー。
7月は店のお休みが少し多め。
毎月平日仕事とのバランスを見て
営業日を決めているのだけど、
今月はちょっとした切り替え期?で
バタバタと忙しくしていた。
あと少ししたら落ち着くのかなー。
でも、いろいろとややこしい問題ばかりで
仕事以外でもなんだか落ち着かない日々…
自分にこんな状況がやってくるなんて
思いもしなかったなー。
頑張るしかないけど、
頑張りようがないことってあるよなー。
強くなりたい、強くなりたいなー。

 

さてさて、6月は一度しか書かなかった。
ということさえも今しがた知ったこのlife。
今月ももうすでに後半。
スマホに残された画像を見つつ
この一ヶ月を振り返りましょう。

 

6月は平日仕事が少なかったこともあって
時間もあるし、節約しなくちゃいけないし…
ということで、自炊を頑張った気がする。
基本的にはお店がある日でも
20時くらいまでに帰ることができた日は
何か作ることに決めている。
手抜きばかりだけど、惣菜を買って帰る
とかってことはあまりないかも。
最近の惣菜…美味しいんだけど高いしなー。

 

オムライス
トーストのオープンサンド(休日のお昼ご飯)

 

 

 

ポテトサラダとナスと豚肉の煮物
野菜炒め(疲れていたのでこれだけ…笑)

 

 

 

ポテトサラダとピーマン肉詰め
キャベツと豚肉のソース炒飯
(超手抜きだけど最高に好きなメニュー)

 

 

 

冷蔵庫の残り野菜と舞茸、ひき肉の炒め物
ひき肉と玉ねぎのオムレツ

 

 

 

舞茸と豚肉の炒め物と厚揚げの煮物
きゅうりの胡麻和え

ブリカマ煮

 

 

 

質素なお弁当も作っております

 

 

 

そんな日々の中、
6月末に閉店された元町のおっくんカフェへ
最後に…ということで29日の仕事終わりに
mi-chu.さんとお邪魔してきた。
おっくんさんは21年もの間、
皆に愛されてきた夜喫茶できる素敵なお店。
メニューも昔懐かしい雰囲気たっぷりで
出てくる姿がどれもグッとくる愛らしさ。

 


なにより店主さんお二人の謙虚で優しくて
可愛らしくて…
美容師のceroさん曰く…元町の天使!
そんなお二人のお人柄もあって
最後の最後までお店はいつも満員で
あたたかい雰囲気に溢れているようでした。
私たちが行った日も満席だったところを
先にいらしていたお客さんが席を空けて
くださって、最後のおっくん空間をたっぷりと、
そしてしみじみと感じてきました。

私が初めておっくんさんに行ったのは
お店を始める前か始めた後かは忘れてしまった
けれど、友達が「昔のバイト先の先輩が
おもしろいお店をやってるから…」と
連れて行ってくれたのが最初でした。
懐かしいなー。
(連れて行ってくれたMちゃん、ありがとう☆)
poupetteの前店舗(丸中ビル)にも何度か
遊びに来てくれて、美味しいお菓子まで
お土産に持ってきてくださったり…。
実際はなかなかお店に行けなかったことが
悔やまれるのだけれど、
そんなふうにお顔を見れば笑顔でお話できるように
なれたことが今はとても嬉しい!
おっくんさん、マリさん、お疲れさまでした…!

 

↓ 小部屋に来てくれたお二人からの差し入れ
美味しいわらびもち♡

 

 

人との出会いや繋がりって自然にできるもので
求めすぎても求められすぎてもうまくいかない。
きっかけになることはあるかもしれないし、
そうでもしないと出会えないことや
経験できないことも多々あるのかもしれないけれど、
私は自分が流れるように過ごす日々の時間の中で
偶然(実は必然)芽生えた出会いを大切にしたい。
時には勇気を出して一歩踏み出すことはあるかも
しれないけれど、あまり過剰になりすぎることなく
不自然とは遠いところで生まれるものを大切に、
そして楽しみに受け止めていきたい。これからも

| - | 10:11 | - | - |
すごく長い日記になった。

もう6月だ。
じめじめと雨を繰り返して
どんどん暑くなっていくんだろなー。
寒い冬と暑い夏に対して、
とにかくブーブー文句を言う私。
仕事場(poupette小部屋)では
すでに冷房をつけていたりする。
冷房…エアコンと言いますが、
エアコンって一度つけるとおしまい。
それ以降はつけずにはいられない。
電気代が脳裏にチラチラしつつも
我慢できない体になってしまうのだ
そこで問題なのが、自宅にエアコンがないこと。
冬場も寒くて寒くてしかたなかったが
ストーブがあったので
灯油の価格に悩まされながらも乗り切った。
が!夏って…
昨年の夏のことを思い出す。
「来年の夏はもうここにはいないだろう…」
と引越しをしていることしか考えてなかった。
が、まだ普通にここにいる。
昨年の今頃、わけあって今の不便な場所に
引っ越してきた。
最上階(といっても3Fだけれどね)の角部屋
なので私の大敵である騒音には悩まされない。
(しかし、すぐ脇にバス道があり、すごい音!
普通ならすぐにやられそうだけれど、
私はこういった音には強い。すぐ慣れる。
ダメなのは人が必要以上にたてる物音や話し声。)
そして、昨年引っ越してから1ヶ月くらいは
ベランダから入るすごい風に癒された。
カーテンがふわふわーっと舞うくらいの風が
夕方から夜にかけて寒いくらい入って快適。
しかーし、そんな心地よさはもはや熱帯である
日本の夏で長くは続かない!
どんどん部屋が暑さと熱さで満たされていき、
夜なんてこのまま死んでしまうのかも…
という暑さだった。
用心のため窓は閉めなくちゃ!と言われても
少しだけ開けて僅かな風を入れ、
大きな保冷剤と凍らしたペットボトルを
タオルで巻いたもので足元を冷やし、
上半身は扇風機で風をあて、
とりあえずお腹には薄い布団をかけて寝ていた。
そんな、そんな過酷な夏がまたやってくる。
結論を言えば…「早く引っ越さなければ」
これしかあるまい。
しかし…どこにそんな資金があるんだろなー。
(エアコンをつけるという選択肢はない。
というのも、今の家は仮住まいなんだもの!
と断言できるほど愛着がない。
しかしまぁ…断言し続けて1年経った…)

 

↓ なんて言いつつも2つの部屋にまたがった

  広いベランダは気に入っている

 

 

そんなことを考えながらぼんやりと
人が書いた旅日記(blog)を読んだりしていたら
ふとある人を思い出した。
思い出したって言っても別に会って話した人でも
ないんだけれども。
それはもう10年くらい前に知った人。
当時はpoupetteを始めて2〜3年経った頃で
今と変わらず人の旅行記などを読むのが好きだった。
blogでも人の書く旅日記をよく楽しんでいて、
その時に大学を休学して世界を旅している
女の子の日記を見つけた。
よくある旅自慢日記(?)ではなく、
ただ淡々と旅の記録や印象に残った出来事、
自分自身の動きや思い、
時に繊細な心の機微が記されていて、
そこにあげられていた写真や文章はとても
魅力のある素敵なものだった。
なにしろまだインスタなんてなかった頃だったし
さらに彼女のキャラクター的に(知り合いじゃ
ないけれども)きれいな所ばかりを綴るでもなく
誰かに見せるためでも、誇るためでもない。
切り取られたのは私が大好きな旅先での日常。
自分の知識と興味で、訪れた先での日常を
そのまま暮らすように受け止めていた様子が
とても魅力的だった。
時の流れと同時に私も環境や仕事に流され…
いつの間にかその日記を読まなくなった。
帰国まで読んだんだっけな…
最近になって、ふとあの頃の彼女の日記を
読んでみたいと思って探してみた。
タイトルや名前も忘れてしまっていたのだけど、
知恵を絞ってようやく見つけることができた。
その日記は今では彼女自身によってすべて
削除されていたのだけれど、
新たに大人になった彼女の文章を読む機会を
得ることができて、学生時代と形は違うけれど
やはり際立つ彼女の繊細な心の美しさ、聡明さ、
そして時の流れも同じくらい感じている。
大人になった彼女の文章の中には
目に見えない、言葉にできない大事なものが
たくさん詰まっていて
時々ハッと泣きたくなるほどだ。

 

こんな事を書くのは…
そもそもふとあのblogを読みたいと思ったのは
心が弱っているから?
そうではなくて一瞬弱った自分を感じて
逆に強くなりたいと思ったから。
言い訳なく自分自身の甘さを自分自身で
消していきたいと思ったから。
なんというか…これまでにない、
リアルな覚悟のようなものを決めた。
今年に入って昨年よりもさらにいろんな事が
あって苦しかったけれど、
そんな時こそ人間力が試される時なんだと思う。
弱音なんか吐いていられないなー。
まだまだ前途多難ではあるけれど
それはみんな同じなんだろなーと常々思う。
大きなことを大したことないという人。
小さなことを大げさに悲しむ人。
私は私なりにきっといろんなことを選び、決めて、
乗り越えていくんだろう。
そう考えると自分自身を見失わないこと、
自分自身を確かめること、
自分自身を信じること、それはとても大切なこと。

| - | 11:14 | - | - |
3月以降のあれこれと松田優作

春が終わり初夏。
5月って初夏なんだっけなー。
急に暑くなって。
でも、朝晩が暑さにやられてないところが

まだ本物の夏ではないんだろうなーと思う。

 

私は今、you tubeで探偵物語を見ながら

久しぶりの店主日記を書いています。
ハットをかぶったチリチリ頭の松田優作

 …の方の探偵ではなく、
薬師丸ひろ子との方の探偵物語。
これ、とても好きなんだけど
いつだったか、二階堂ふみちゃんと斎藤工が
リメイクしていた。このキャスティング…

探偵はどうか斎藤工ではなく、どうか松田龍平で!

と思えるほど、この探偵物語の松田優作の
所作が龍平に似ている。
(というか龍平が優作に似ているのだろうが)
顔は翔太の方が似ているのかもしれないけど
演技的にはぜひとも龍平でお願いしたい!
と、ただの雑貨屋の願望を書いてみたが。
とにかくこの映画の松田優作が私は好きだ。
なんといっても雰囲気や声がたまらないのだけど
ちょっとヌボ―っと鈍臭いところもあるけれど
時に頼れる優しさと男らしさのある探偵さん、
このキャラクターがあまりに自然でうっとり。
最後の方の優作の(というか探偵)アパートで
ひろ子に(というか女子大生)お茶を出すシーン、
空港でひろ子を食べてしまうのでは?
と思わせるようなキスシーン、

どっちもとても好きだなー。

 

 

そんなわけで、一度見た映画を何度も見る。
そんなお金をかけない
予定のない日々を過ごしている(笑)。

3月末から5月中旬頃まで少し忙しくしていて
ようやくちょっと落ち着いたのだけど、
何もなくなったらなくなったでまた次の問題が…
一体いつになったら何も考えず、
ほどほどにいい感じの暮らしがやってくるのだろう。
まぁ…みんなそれなりに大変なんだろうとは
思うのだけど…
そして、私のまわりにはそんな人が多い。
これが引き寄せの法則というやつかしらん。
そして私はそんな人たちがとても好きなのだ。
自力で生きてる感のある人たち。
裕福ではなくとも、誰にも頼らず、
工夫と知恵でやり抜く力のある人たち。
強く優しく逞しい人たち。
私もそんな人になりたい。
いつの日か、静かで穏やかな暮らしの中で。

 

前回の店主日記lifeが3月20日。
この2ヶ月の思い出を少しだけ。

 

髪を切ったり…

(ギリギリでヘアドネーションできました。
お役に立てて嬉しい)

 

 


友達の個展に行ったり…
(ホテルの中のギャラリーで緊張した)

 

 

 

ミニミニサボテンを買ったり…
(ツバクロ雑貨店さんのそごう出店で

ホアマイさんのうずらの殻に入ったミニサボテンを!)

 

 

昼クラブにて念願のナナイカレーを食べたり…

(お店前に行ったので滞在時間20分ほど
でも、待望のカレーは最高に美味しかった!)

 

 


お呼ばれに伺ったり…
(念願の素敵な空間で美味しいランチを
たっぷりいただきました)

 

 

 

 

久しぶりの「ちいきいと」に参加したり…
(各地域の代表3名が地元の写真をもとに戦う 

大喜利決戦。
今回の場所は相楽園の中のホール!

なんと丸テーブルを囲んで!)

 

 


息子くらいの仲間の結婚祝いをしたり…
(超好青年が選んだお相手はとーっても可愛い
とーっても素敵な女子でした!さすが!)

 

 


おっくんさんやハルさんの蚤の市に行ったり

(おっくんさんでは長居しすぎで珈琲2杯。
ハルさんの蚤の市では店主ハルさん出品の
お品物をゲット!)

 

 


SLITSを観に行ったり…

(すごく楽しみにしていたドキュメント。

よかった…!
知らなかったスリッツのすべて、
アリアップの煌めく笑顔、最後まで胸が痛かった)

 

 

何だかんだで元気に楽しくやっているんだな、私。

| - | 10:49 | - | - |
花粉症とコートニーの話

 

花粉症、スギが猛威を振るっております。
今年はあまり反応がなかった私。
昨年続いたあの眠れない夜、夜、夜…
鼻が出る、鼻がつまる、鼻が出る、鼻がつまる…
あのリピート症状は…あれはもしや…
ただ単にあの狭い部屋、
あの空間、あの空間の空気が汚れていたから…?
(引越して今は違う部屋にいるので)
そんな考えが脳裏をよぎり始めた頃、
そう、やはり私にも無事に?やって来た。スギ花粉。
この一週間は特にひどい。
今年の苦しみは喉の痒みと鼻づまり。
特に喉の痒みがなかなか侮れず
夜中も痒くて痒くて起きてしまったり。
喉の痛みではなく、喉の痒みってところが
なんとなくおちょくられている(関西弁)ようで
本当に本当に悔しい!
そんなわけで、今の対処法としましては
頭の上にティッシュの箱とのど飴(時に白湯も)を
置いて、マスクをして眠る(朝には外れているが)。
あと少しでスギは終わるはず。
昨年もスギが終わったらそんな症状もパッと終わった。
「あ、今終わったな、スギ」というのがわかったほど!
ヒノキの皆さんには申し訳ないけれど、
スギが終わればこっちのもんだ。待ち遠しい!

 

さて、そんな花粉舞いまくる季節ではあるけれど
最近はいろんな展示や個展の案内などもいただき、
やっぱり動き出したくなるこの感じ。
という感じなんだなー、春って。
私もまず第一弾?として、久しぶりにLiveに行ってきた。
オーストラリアの女性シンガーCourtney Barnett!
昨年から行きたいなーと思っていたのだけど、
新年早々、かなり極貧だったので(笑)迷っていたのだ。
その迷いのままLiveの前日になってしまい、
当日まで考えて当日券狙いで行くか…とも思ったり。
でも、前日の夕方、コンビニでツルっと購入。
何か、迷ったわりにふいにスイッチが入ってポンっと買う。
あの行動心理はいったいなんなの?
よくわからないけど、

翌日はお店を早めに閉店させていただき

梅田のクラブクアトロまで。
梅田、大阪。そう、いまだに立地がまるで理解できない大阪。
でも、大丈夫。
ご丁寧にクアトロまでの道案内をしてくださっているサイトで

(しかもポイントごとの写真付き!)予習をして行ったので。


そして始まったコートニーのLive!
ライブに行ったのが久々だったこともあって本当に最高でした!
あの声をこんなに早く生で聴けるとは…
実物のコートニーは全然大きくなくてスッキリしていて
かっこよくて、時にチャーミングだったなー。
左手でギターをかき鳴らす姿がまたたまらない…
たぶん、私がわりとクレイジーなパフォーマンスが
好きなだけなんだと思うのだけど(笑)
とにかく、途中でなんども震える感じ、
痺れる感じを味わえて、
夢見心地のままライブハウスを出たのでした。
同じ女性シンガーだからか、
Coccoのライブの激しいシーンを思い出したり。
楽曲もどれも本当に素晴らしくて
オリジナリティに溢れているし、
インタビューとか見てもかっこつけたりすることなく
すごくナチュラルに音楽が好きなんだなーというのが
伝わってきて、これからの彼女がとても楽しみ。
才能ってすごいな。
何かになるべくしてなる。
それってすごくて強いことだな。

 

ライブ中に写真を撮るのがあまり好きじゃないので

これはアンコールで出てきたところをパチリ。

ゆえに何だかよくわからないコートニー…

かどうかもわからない写真だけども。

(しかしクアトロは小さい箱だなー)

 

 

          

 

| - | 14:37 | - | - |
雨の日の日記

今日は雨。

朝からなんだかバタバタと。
でもバタバタしたわりに何も終わらず。
すっきりしないまま帰宅。
そう、いろいろ混ぜこぜになった頭を
一度落ち着かせてまとめるために。
最近何だか低調気味なのだ…
仕方ないとわりきって
自然に身を任せ乗り越え中。

 

昨日はそんな気分をちょっと上げるために、
そして、仕事の事務作業でお願いすることも
あったので、お店帰りに友達宅へ。
お願いの御礼は夕飯のお弁当。
380円のコロッケ弁当…
安く済ませてごめんなさい(笑)。
友達の部屋の近くのお弁当屋さん。
すごく美味しくてお気に入り。
お店のカウンターのまわりにメニューの写真。
どれもこれも美味しそう。
そして、透明ケースの中にはサンプル…
あの蝋で作ってあるサンプル…
それがまたすごく美味しそう、に見えない。
古すぎて何が何だかわからない…
あれはすぐさま撤去した方がいいと思うのだけど(笑)。
でもでも、そんな撤去なんてことが必要ないくらい
お弁当の味でいつもお客さんが来ているのだ。
揚げ物率が若干高めではあるけれど、
それが本当に美味しくて
注文してから揚げてくれているみたいで温かいし

味も家庭的で本当に美味しいのだ。
ところが!が!が!
こんなに長くお店の回し者のように
熱弁ふるってしまったんだけれど、
昨日はお店が休みだったのですーーー!
仕事を終えて出ようとしたところへ

友達からその悲報が届く…

うなだれる私。
 友達のLINEもうなだれている(ように感じた)。
 というわけで、急遽お店近くのほっともっとでのり弁を
 買って行くことに。御礼はそののり弁に変更。
 のり弁…さらに安い300円…
 それを2つ買って、コンビニでプリンを買って、
 パソコン持って!さらになんと!!
 プリンターまで持って!!!
 腕がちぎれそうになりながら友達宅へ。


いつもリラックスの極みを味わえる友達の部屋。
まずお弁当を食べながら、
ひたすら喋るまくる私。喋りすぎた私。
結局仕事に取りかかるのが遅くなってしまい
夜中近くまでカタカタとパソコン仕事を
させていただいたのでした。
帰る頃には何だかちょっとパワーチャージも
されていたりで、人との会話ってすごいな。
気分が下がり気味の時って
なんとなく人には会いたくないものだけれど
(調子上向きな人の言う事など信じられない。
それが下がり気味の証。というものだ)
会う人を選べばちょっとした気分転換になったり
気持ちを切り替えるいい機会になったりもする。
まぁ…
そこまで沈んでいるわけではないけどね、私(笑)。
帰りの遅い時間帯の電車もいい感じに空いていて
ゆっくり座ってぼんやりいい気持ちで帰宅したのでした。

 

追記…そして、翌日、終えた作業の確認をしたところ
やたらミスが多く、結局やり直しとなりました。
やはり低調か。まぁ、いいけどね。

 

ほっともっとのお弁当の写真はないもので
(ないというかそんな写真はつまらない)

 今日の写真は前回のlifeに書いた友達の誕生日鍋。

 


同じような鍋写真をよく載せてる気がするけど
毎回主役である友達が作ってくれるあれこれが
申し訳ないくらい美味しい…♡
今回のおみやのバースデイケーキは
久しぶりのショウタニの苺のボックスケーキと
ボックサンのエクレアにいたしました。

 

 

今年の節分は恵方巻も大豆も食べなかった私を
不憫に思った友達がくれた
この三角の可愛い子たちは節分の豆パック。

 


大豆大好き!!

| - | 12:28 | - | - |
いつか書いた日記(過去日記)

最近(というかわりといつも)
節約生活に磨きがかかっている私。
休みの日も出かけたいなー。
美味しいもの食べたいなー。
〇〇買いたいなー。
(〇〇とはその時々で生まれたり消えたり…)
などと思いつつ、
オタク気質も持ち合わせているため
家でじっと過ごす休日が増えていた。
が!こんな具合で毎日が過ぎていくのはどうなのだ?
という思いもないわけではないので、
ちょっとやりくりして久々にお出かけ。
(といっても、このお出かけは一週間ほど前の話)

 

目的は友達の誕生日プレゼント購入。
行き先は決めていた。
それは大好きなお店、岡本のNAIFSさん。
神戸(だけじゃないけど)に住む
雑貨好き(だけじゃないけど)には
古くから親しまれている大人気ショップ。
私ももちろん若い頃からファンで、
ちょいちょい友達とのぞいたりしていた。
昨年末に久しぶりに行ってから何となくまた
その魅力を再確認して、今回はNAIFSさんで
プレゼント選びすることに決めていたのだ!
実は昨年の私の誕生日に彼女が送ってくれたのも
NAIFSのお品たちで、それは一緒にお店に行った時に
私が「欲しいなー」と悩んでいたものなのでした!
そう、そーゆーことがさりげなくできる人なのだ。
素晴らしい…。
私もさりげなくないにしても、
そーゆーことができればいいのだけど、
あの日、あの時、あの場所で(by小田和正)の
彼女の発言たちをどーしても思い出せないため
店内を奥へ手前へ…とウロウロ。
あれこれ見て、触って、持ち上げて…


そして、今回選んだのがこちら!
↓ この画像、友達本人のインスタから拝借(勝手に…笑)

 

 

メキシコ製のお花ペイントの陶器トレイ2つ
(サイズ違いのお揃い)と
似たカラーの壺っぽいフラワーベース。
ちょっと武骨な感じが可愛くて、お花や植物が好きで
花屋のような彼女の部屋でこの小物たちを
いかしてもらおうと思ったのです!
なんだかかさばる物になってしまったけど
今までのプレゼントとはまた違ったものを選べて
自己満足。
他にもいろいろ欲しいもの(←自分が)を見つけたので
「次回…お金がたまったら…!
いつになるかわからないけど…!いろいろ買うぞ!」
とあれこれ眺めてまいりました。楽しかったなー。

 

ところで、NAIFSさんの品揃えやその価格が素敵なのは
周知の事実だけれど、
私はこのお店のブレない姿勢、
お店の方とお客さんの距離感がとても好き。
無駄に店主の愛想が良い…というのは全く必要ない。
と私は思う方なのだけど、
NAIFSさんは必要とすることに対して、常に素早く、
丁寧に、スマートに対応してくださって
何というか…「プロ」を感じる。
これほど長く続けていらっしゃる人気店なのに、
驕ることなく、変に媚びたりすることもない。
うーん、憧れだ。いくら私が憧れたところで
もちろんあの小さな部屋で同じことは何もできない
けれど、見えないぐらいの何か…自分が「あぁ…」と、
美しく(きれいだとか目に見えるもののことではなくて)
感じる何かを学び、取り入れ、
自分のものにできたらいいなー。
ま、おこがましすぎることを書いてしまったが、
ここからの帰り、摂津本山のホームでは
なんだかいい気分の元気な自分をいつも感じているの
でした。
お客(←私)をそんなふうに思わせるなんて、
それもすごい。
やっぱりすごいお店なのだ。

| - | 20:32 | - | - |
2〜3ヶ月前の話を書きます

明日で1月も終わり。驚きだー。
私は賃貸マンションに住んでいるのだけど
毎月の家賃支払いスパンが異常に短く感じる…

これはもしや…
貧乏のせい?(笑)
まぁ…あまり考えずに…
2月も楽しくマイペースに頑張ろう♪

 

今年に入って1ヶ月。特に何もしなかったなー。
いろいろあるにはあったのだけど…
気づけば現実逃避以外の何モノでもない
妄想ばかりしている。
旅がしたいなー(いつも思っている)
大人の留学とかもいいなー
(予定ないのに無意味に調べてしまう)
もうちょっといい部屋に引っ越したいなー
(かなり現実的な妄想…今年の目標)
その他諸々…

そういえば、書こうと思っていた
2018年の買い付け日記も書いてないなー。
もう今さら…という感じではあるけれど
当時の日記も残っているし、
このlifeは自分の振り返り思い出日記としても
とても役立っているので
またボチボチ書いていこう。


そんなことを思いながら
さっき11月の買い付けの時の写真やノートを
いろいろ見ていたところ謎の写真が…

 

 

これは帰りのスキポール空港にて
チェックイン前に空港内の椅子で
お腹空いたな〜と

ブルーベリーなどを食していた時に写したもの。
これは何かといいますと…
空港内のかなり奥まったスペースに
チュンチュン餌を探す鳥がいたという写真(笑)。

 


しかも何羽も普通にいた。
空港は大きいし開放的だし
人の出入りもすごいけれど何だか不思議だった。
という写真(笑)。

 

そして、その後写したチェックイン後の2枚。
昨年11月の買い付け以前に
オランダに行ったのは確か2017年の4月。
その時と明らかに空港内のスペースが
変わっていた!
ということを帰国後に友達に言ったら
「めっちゃ変わってるよねー!」と
同じことを言ってた。それくらい変わってた!

という写真(笑)。

 


搭乗までの間もかなり心地よく過ごせる
スキポール空港だけど
今回はリラックススペースがかなり増設。
ガラガラとカートを押しながら
通り道の脇にも椅子(デザインもナイス)に
座ってくつろぐ人々多数。
出発までかなり時間があった私だけど
とりあえず珈琲を買ってから
誰もいないゲートまで行って軽く食事
(私はいつでもお腹がすいている)
この時はいつも「あー、帰りたくないなー」
などと思っている…
でもでも、あまりに時間がありすぎる上
スマホの充電が危うかったので
先ほどチラ見していたリラックススペースに
行ってみることに。

 

かなり広くとられたこの空間…
グランドピアノまである。
これって…有料なの?などと思いながら
さりげなく眺めた(でも凝視)ところ
老若男女が自由に出入りしているので
私も大きな椅子にどっしり座ってひと休み。
コンセントを出してスマホ充電もスタート。

 


目の前には横になれる椅子があって
何名かのお兄さんが本気で寝ている。
そうこうしていたらピアノ演奏が…
あの人は雇われた人なの?それとも搭乗者なの?
などと思っていたら、
なんとそばに立って歌う人が登場!(笑)
この人は(弾いてる人もかな?)おそらく
ただの搭乗者。
でも、皆がそれぞれ好きなことをしながら
その場の空気を楽しんでいる。
うーん、いいなー。素敵だなー。
私はこんな雰囲気が自分にすごくしっくりくる

と思っている。
なんというか…それぞれが自分のできること、
自分がやりたいことをやる。
場を乱すことなく、協調性を保ちながらも、
自由な時間に対して無理強いなどがなく
穏やかかつ平和な空間。
終わった後はその周辺にいた人達が拍手。
わりと遠くにいた私も。

 

少しずつ生きてきた時間が長くなっているとはいえ
外国では当然かもしれないけれど
国内でさえ知らないことがたくさんたくさんある。
私は特にそうなのかもしれないなーと思うし
いつも自分は何も知らなくて小さいなーと思う。
若い言葉かもしれないけど世界は広くて
もちろんそうそうどこにでも行けるわけではないけど
自分の国の自分の場所の中で
気持ちだけでももっとのびやかに自由にいなくては。
これを書きながら
そんなことを改めて感じた今この瞬間。

| - | 15:34 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE