poupette 〜 life 〜

<< 花粉症とコートニーの話 | main | すごく長い日記になった。 >>
3月以降のあれこれと松田優作

春が終わり初夏。
5月って初夏なんだっけなー。
急に暑くなって。
でも、朝晩が暑さにやられてないところが

まだ本物の夏ではないんだろうなーと思う。

 

私は今、you tubeで探偵物語を見ながら

久しぶりの店主日記を書いています。
ハットをかぶったチリチリ頭の松田優作

 …の方の探偵ではなく、
薬師丸ひろ子との方の探偵物語。
これ、とても好きなんだけど
いつだったか、二階堂ふみちゃんと斎藤工が
リメイクしていた。このキャスティング…

探偵はどうか斎藤工ではなく、どうか松田龍平で!

と思えるほど、この探偵物語の松田優作の
所作が龍平に似ている。
(というか龍平が優作に似ているのだろうが)
顔は翔太の方が似ているのかもしれないけど
演技的にはぜひとも龍平でお願いしたい!
と、ただの雑貨屋の願望を書いてみたが。
とにかくこの映画の松田優作が私は好きだ。
なんといっても雰囲気や声がたまらないのだけど
ちょっとヌボ―っと鈍臭いところもあるけれど
時に頼れる優しさと男らしさのある探偵さん、
このキャラクターがあまりに自然でうっとり。
最後の方の優作の(というか探偵)アパートで
ひろ子に(というか女子大生)お茶を出すシーン、
空港でひろ子を食べてしまうのでは?
と思わせるようなキスシーン、

どっちもとても好きだなー。

 

 

そんなわけで、一度見た映画を何度も見る。
そんなお金をかけない
予定のない日々を過ごしている(笑)。

3月末から5月中旬頃まで少し忙しくしていて
ようやくちょっと落ち着いたのだけど、
何もなくなったらなくなったでまた次の問題が…
一体いつになったら何も考えず、
ほどほどにいい感じの暮らしがやってくるのだろう。
まぁ…みんなそれなりに大変なんだろうとは
思うのだけど…
そして、私のまわりにはそんな人が多い。
これが引き寄せの法則というやつかしらん。
そして私はそんな人たちがとても好きなのだ。
自力で生きてる感のある人たち。
裕福ではなくとも、誰にも頼らず、
工夫と知恵でやり抜く力のある人たち。
強く優しく逞しい人たち。
私もそんな人になりたい。
いつの日か、静かで穏やかな暮らしの中で。

 

前回の店主日記lifeが3月20日。
この2ヶ月の思い出を少しだけ。

 

髪を切ったり…

(ギリギリでヘアドネーションできました。
お役に立てて嬉しい)

 

 


友達の個展に行ったり…
(ホテルの中のギャラリーで緊張した)

 

 

 

ミニミニサボテンを買ったり…
(ツバクロ雑貨店さんのそごう出店で

ホアマイさんのうずらの殻に入ったミニサボテンを!)

 

 

昼クラブにて念願のナナイカレーを食べたり…

(お店前に行ったので滞在時間20分ほど
でも、待望のカレーは最高に美味しかった!)

 

 


お呼ばれに伺ったり…
(念願の素敵な空間で美味しいランチを
たっぷりいただきました)

 

 

 

 

久しぶりの「ちいきいと」に参加したり…
(各地域の代表3名が地元の写真をもとに戦う 

大喜利決戦。
今回の場所は相楽園の中のホール!

なんと丸テーブルを囲んで!)

 

 


息子くらいの仲間の結婚祝いをしたり…
(超好青年が選んだお相手はとーっても可愛い
とーっても素敵な女子でした!さすが!)

 

 


おっくんさんやハルさんの蚤の市に行ったり

(おっくんさんでは長居しすぎで珈琲2杯。
ハルさんの蚤の市では店主ハルさん出品の
お品物をゲット!)

 

 


SLITSを観に行ったり…

(すごく楽しみにしていたドキュメント。

よかった…!
知らなかったスリッツのすべて、
アリアップの煌めく笑顔、最後まで胸が痛かった)

 

 

何だかんだで元気に楽しくやっているんだな、私。

| - | 10:49 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE